top of page
  • 執筆者の写真豆松店長

久しぶりに日本酒イベントブログ

 コロナが五類となってからお店もだいぶ賑わい、なかなかブログ更新ができないでいましたが、すっぽりと時間が空きましたので11月の日本酒の会の様子を紹介します。


◎2023年11月25日開催、日本酒と料理のマッチングを楽しむ会


<日本酒ラインナップ>



1)「刈穂 純米吟醸 シルキースノータイム」秋田清酒/秋田県大仙市

■使用米:美山錦・ぎんさん ■精米歩合:55% ■アルコール度数:16度 ■特記事項:無

■コメント:フレッシュでフルーティな香り。

口あたりは、粉雪のようにシルキーです。冬の暖かな部屋で、冷やして、パーティの始まりの1杯に。オードブルと合わせたい。


2)「聖 試験醸造 雄山錦 生もろ 純米大吟醸 」聖酒造/群馬県渋川市

■使用米:雄山錦 ■精米歩合:50% ■アルコール度数:15度 ■特記事項:生酛

■コメント:上品で華やかな香りと奥行のある甘み。生酛仕込みならではのまろやかな酸味。ジューシー&フレッシュな限定酒です。フレッシュチーズや生クリームなど、乳製品を使った料理と相性良し。


3)「開華 純米 ひやおろし」第一酒造/栃木県佐野市

■使用米:栃木県産米 ■精米歩合:65% ■アルコール度数:16度 ■特記事項:1回火入れ(生詰め)

■コメント:エレガントで華やかな香りが広がり、すっきり軽快な味わいの中に広がる濃醇な旨みを楽しめます。秋限定の、半年熟成かつ一回火入れのひやおろしは、秋の食材とのペアリングが最高です!


4)「純米吟醸 熟成酒 雪、山猿」永山酒造/山口県山陽小野田市

■使用米:山田錦 ■精米歩合:60% ■アルコール度数:15度 ■特記事項:2年熟成

■コメント:山口県産山田錦を使用した純米吟醸を、建造100年のレンガ蔵で2年熟成させたお酒。常温も良いですが、お燗にするとさらになめらかに柔らかくなります。肉料理や、コクのある料理と合わせるのがおすすめ。


<コース献立>



前菜

あんぽ柿と生ハム、ブルーチーズ

横浜野菜のサラダ、鮎煎餅、芽くわい


刺身

黒鯛の菊花雪 メジマグロ変わり醤油


焼物

柿カキグラタン、合鴨串焼き


おつまみ盛り合わせ

酒粕クリームチーズ、ミックスナッツ燻製、イワシのマリネ


煮物

菊花蕪 菊花あん


うなぎご飯の朴葉蒸し


デザート

白玉さつま芋餡


 今回磯野カオリさんは日本酒セレクトでクリスマスをイメージしたそうです。「刈穂」の樅木に降る雪、「聖」の聖夜、「山猿」は雪止まざる!素敵ですね。

 私はチーズや生ハムなどを使い後から「クリスマスみたいだな」と感じました。よってまたもや打ち合わせなしの奇跡のマッチング、もちろんお酒と料理の素晴らしいマッチングもたくさん生まれました。


 酒粕クリームチーズと刈穂、鰻ご飯の朴葉蒸しと雪山猿、菊花蕪と聖ぬる燗などなど…秋のお酒は本当に料理とよく合い、お互いを高めあって美味しく楽しい時を過ごさせてくれます。新酒あり、燗酒向きの熟成酒ありと様々なお酒を味わってお客様も大満足の様子でした。


 そうそう、今回おつまみ盛り合わせというのを入れたのは、酒粕クリームチーズがとってもいい出来だったからです!「箱根山」の井上酒造様からいただいた昨年のねり粕がいい味出してくれました。久しぶりの酒粕クリームチーズとミックスナッツ燻製、みなさん喜んでいただけました。


 さて、次回で月一日本酒イベントも終了です。毎年12月は忘年会としてお酒持ち寄り会をしていますが、今年は9月のイベントが中止となったので、普段通りのマッチングイベントとなります。

 が、すでに満席です💦キャンセル待ちを受け付けていますので、お問い合わせください。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page