top of page
  • 執筆者の写真豆松店長

2月の日本酒イベント

 早春の風情を出すのがなかなか難しかった、2月の日本酒イベント結果です。それなりに美しく決まったと思いますがw




1)「かすみロ万純米吟醸 うすにごり生原酒」花泉酒造/福島県

■特定名称:純米吟醸酒

■使用米:・麹米 五百万石・掛米 夢の香・四段米 ヒメノモチ

■精米歩合:55%

■アルコール度数:16度

■特記事項:生酒・原酒・うす濁り

■コメント:うす濁りのとろみと生酒らしい微発泡を共に楽しめる季節限定酒。ふんわりと優しい甘みと酸味が口に広がります。乾杯のお酒にぴったり。


2)「大号令 熊のおさけ 低アルコール 無濾過純米生原酒」馬上酒造場/広島県

■特定名称:純米酒

■使用米:八反錦

■精米歩合:65%

■アルコール度数:14度

■特記事項:無濾過・生酒・原酒

■コメント:優しく軽い味わいの、アルコール度数14度の原酒です。米の甘みはしっかり感じられますが、飲み口がライトなのでスイスイと飲めます。春の訪れを感じられる野菜料理と高相性。


3)「銀シャリ 特別純米酒」白杉酒造/京都府

■特定名称:特別純米酒

■使用米:京都丹波産ササニシキ100パーセント

■精米歩合:60%

■アルコール度数:16-17度

■特記事項:無濾過・原酒

■コメント:飯米の、ササニシキで造ったお酒です。

味のボリュームはありますが、後味は綺麗に消えていくイメージ。まさに、お寿司のシャリのように、料理を引き立てる食中酒です。


4)「北の錦 赤ラベル 純米吟醸生」小林酒造/北海道

■特定名称:純米吟醸酒

■使用米:彗星

■精米歩合:60%

■アルコール度数:16%

■特記事項:生酒

■コメント:生酒らしいフレッシュさと上品な吟醸香。

スムースな口当たりと程よい酸味が心地良い。さっぱりした料理には寄り添い、逆に、揚げ物や、チーズを使った洋食の油を洗い流してくれるのでどちらも高相性です。


三点盛

・新玉ねぎと根三つ葉のお浸し

・ホタルイカ酢味噌

・鱈白子の酒粕漬け


前菜:エビ霰揚げ、昆布巻、蓬麩田楽、島味噌、白魚でんぶ、菜花、桃山芋、花びら百合根

刺身:サヨリと赤貝、アジ、イシダイ

焼物:桜鱒白酒焼き、蕗味噌

煮物:サラたまちゃんと蛤のスープ仕立て 蕨

変わり鉢:大アスパラと新じゃがいもの和風バーニャカウダ

〆:へぎ蕎麦生海苔餡掛け

デザート:チョコレートようかん


 今回は年間シート予約?の常連様のみのご参加でした。勝手知ったる飲み仲間たち、ペースも早くてはっちゃけてる方も。楽しかったですね!


 毎回何某かのミラクルが起こりますが、今回は銀シャリとチョコレートゼリーのベストマッチングがミラクルでした。

 ゆっくり温めきれいな酸味を出した銀シャリとチョコレートがいい具合に!

酸味がちょうどオレンジやレモンのピールのような香りとなり、チョコ味と出会うとオランジェットのよう!


 ミラクルだったのはこの銀シャリ燗を飲んだ店長と磯野さんが同時に「チョコゼリーじゃない?」と言った瞬間でした。ビックリしたー‼️

1ヶ月に渡り綿密な打ち合わせを重ねたかのようなマッチング…ええ、当日がぶっつけ本番ですとも。


3月は25日の開催です。

桜まつり期間中なので、華やかなお酒と料理になるかと思いますw

よろしくお願いします。

0件のコメント

Comments


bottom of page