top of page
  • 執筆者の写真豆松店長

8年目を迎えて考えること

 12月で8年目に突入しました。間門の古民家から数えると10年以上本牧の皆様とお付き合いしてきたことになります。様々な出会いがあり、お客様にも恵まれ、充実した日々を送ってこられたと感謝しております。

 コロナ禍という未曽有の事態も皆様のおかげで乗り切り、今年5月以降は自粛ムードもなくなり多くの方に豆松をご利用いただけるようになりました。お客さまが増え忙しい毎日なのはとてもありがたいのですが、さすがに10才年を取ったわけで・・・体力的にきつい場面が増えてきました。


 「お客様が増えたのだから、お店を拡張しよう!」というのが本筋なのかもしれませんが、人を雇うというのが苦手なので営業形態を変更しようと考えています。自分一人で無理なく回すにはどうしたらいいか、今やっていることを全て続けていくことは難しいと思います。本当にやりたいことは何か、自問自答しながら身辺整理をしていくタイミングなのかなと思っています。


 とりあえず決まっているのが1月いっぱいでランチを終了するということです。お弁当対応などでお休みすることが多く、せっかく来たのにやっていないという最悪の事態を回避するには、やめるのが一番だなと。楽しみにしていた方には申し訳ないですが、店長の体力の問題もありますので、ここはご納得いただきたいと思います。


 また、価格改定もあります。年明けに決定事項をお知らせしますので、よろしくお願いします。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commenti


bottom of page