営業時間

11:30~14:00(ランチ)

​17:00~22:00(LO 21:30)

定休日

毎週月曜&第二土曜日

お問い合わせ

TEL&FAX

    045 - 623 - 6488

​mamematsu.makado@gmail.com

  • Facebook Basic Black
  • ブラックGoogleプレイスアイコン
  • ブラックGoogle+のアイコン

​毎月第四土曜日は

「日本酒の日」

​6種の日本酒を楽しむ!

基本料金¥3,000(料理代)
​日本酒一杯¥500
飲み放題¥3,000
​17:00、19:30の二部制(要予約)

豆松Line@ページです。

​友達登録してね!

paypay使えるようになりました。

© 2017 by 本牧まかど 豆松. Wix.com で作成されたホームページです。

第五回桜酒亭の日 イベント報告

April 24, 2017

ようやく暖かさが安定してきた4月下旬、「トマト料理と日本酒」というテーマで開催されました。

いい陽気に誘われて?今回は満員御礼、14名様のご参加でした。

第五回の日本酒ラインナップはこちらです。

 

 

①「たかちよ 氷点貯蔵 おりがらみ本生(スカイブルー)」 新潟県 髙千代酒造

 純米酒(生酒、原酒) 使用米:非公開 精米歩合:非公開 アルコール度:16度

 春のお酒に続き、今度は夏(初夏?)のお酒ということで、「ラムネ」をイメージして醸したもの。クリアな甘口・発泡と、瓶もスカイブルーでまさにラムネ。

 

②「谷川岳 純米大吟醸 一意専心」 群馬県 永井酒造

 純米大吟醸酒 使用米:美山錦 精米歩合:50% アルコール度:15度

 永井酒造の副杜氏が初めて醸したお酒で、かなりレアな限定酒。若さと情熱のあふれる純米大吟醸でした。

 

③「白木久 純米無濾過生原酒」 京都府 白杉酒造

 純米酒(無濾過、生酒、原酒) 使用米:京都丹後産コシヒカリ100%

 精米歩合:60% アルコール度:17-18度

 白杉酒造は飯米のみで醸造を行うユニークな蔵元です。京都丹後産コシヒカリを使用した白木久は、飯米醸造酒特有の甘さのみならず、驚くほどジューシーで爽やかな後口。今回の一番人気でした。

 

 

料理はこちら。

〈前菜〉
ラタトゥイユ
筍まんじゅう トマト餡
燻製トマト カマンベール添え

 

〈お刺身〉
 イサキと鯛のお造り

 

〈焼き物〉
 イワシのパン粉焼き トマトソース添え

 

〈変り鉢〉
 トマトとアサリのクスクス ニシンのマリネと共に

 

〈〆〉
 トマトとオリーブのご飯

 

〈デザート〉
 フルーツトマト・バナナのトマトムースがけ

 

トマトの酸味と日本酒をいかに合わせるか、というのが課題でした。

そこは磯野さん、なんと「コシヒカリ100%」という飯米で醸造したお酒を持ってきました!

ご飯にトマト料理、これはどんなものにも合いましたが・・・特にイワシのパン粉焼きに良かったようです。

意外なところでデザートのトマトムースと「たかちよ」のスッキリした甘さがマッチしていたようです。

 

今回トマト料理ということでしたが、ユニークなものもちらほらと入れさせていただきましたよ。

クスクスはトマトジュースでアサリを茹で、そのうまみたっぷりな汁でふやかしたもの。ボンゴレ・ロッソを思い浮かべればいいのかな?日本酒よりワインのあてかもしれませんが・・・

 

トマトとオリーブのご飯は、炊き込みご飯系です。

分量の水とトマトソースを適量入れて炊飯、蒸らしのときに刻んだオリーブの実を入れます。できれば新漬けオリーブがベストです。

トマトの風味とオリーブの塩気がおいしいですよ。私はこれで酒が飲めますがね(笑)

 

デザートが極め付けです。

トマトムース・・・トマト味のムースです、甘いヤツです。これを、フルーツトマトと甘夏果汁でマリネしたバナナの上にかけるのです。

おいしいです!参加者からは「一番おいしかった」という声も聴かれました。・・・一番か、ちょっと複雑だな、とは思いましたが、うれしいお言葉です。

通常デザートメニューに入れる予定ですので、試しに来てくださいね。

 

 

さて、今回も大盛況な会となりました。お酒も初めて三本が空となり、初めて顔を合わせた女子たちが集まり、女子会モードで大盛り上がり!とても賑やかでした。

お酒は人と人との潤滑油ですねー!大好きです。

 

さて、次回は5月27日、料理のテーマは「チーズ」です。

どんな会になるか、今からワクワクしてます。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

2020年おせちの予約受付開始

October 5, 2019

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ